童貞紳士 初めての風俗

大人の大人の憩いの場。

それすなわち風俗!

今回は童貞紳士初めての風俗体験を語ろうと思う。

 

まぁ経験人数0.5人と自己紹介で言ってたんだけども、
そのうちの0.1人がこれかなぁといった感じ

タイトル通り私の初めての風俗エピをここで語ろうかと、

先輩と後輩とたまたま仕事の休みがかぶった日のこと。

3人で集まろうぜ飲みに行こうぜという話に

3人とも夕方の渋谷に集合してから、まだ少し飲むには早いからパチンコへ行こうという話に。
渋谷の駅前のエスパスへ入店。

よくこのメンツで集まるとパチンコ屋でのりうちをしている。
後輩君の活躍により1人2万諭吉を得る、
確かまだ399あった時のガロだったなー

2件目居酒屋、あーだこうーだ言いながら終電の時間近くまで飲む
普段はここで解散となることが多いんだけれども
この日はなぜか盛り上がりまだまだ行こうぜ敵な雰囲気に

3件目ガールズバー、パチンコで金が増えて居酒屋でもまだおつりがかなりあるし
そこそこ盛り上がったけども先輩についてた子がいまいちだったため
チームプレーで1セットだけで退店

先輩「よーしこれで抜き言ったら完璧やな」

後輩「行きますかー」

私 「いきやしょー」

風俗に行ったことはないが、酔っぱらっていたノリ
そして何より童貞とばれてはいけない
という見栄である。

そう、こいつらは俺が童貞であることを知らない、

風俗自体のそもそもの仕組みがいまいちわかってないが、
まぁ先輩がいるしなんとかなるということでついていくことに。

知り合いのお兄さんについて行って、道玄坂の建物の1室へ、
カウンターぽいところへ並んでいる女の子の写真をまずは先輩が物色している。

自分はというと、どれを見てもかわいくて選べなかったので
カウンターのお兄さんに、
「おすすめの子ってどれですか?」
と聞くと、
「この子は結構人気で、今日はまだ空いてますよ」
という回答が

「じゃーその子でお願いします、」

といった流れで初めての風俗体験スタート
少し過去の話&酔っぱらていたのであいまいですが
頑張って思い出しつつ書きまーす。

ラブホに案内されて先に待っていると女の子が入ってくるというシステムらしい
待っている間に結構酔いが回ってきてふらふらっときていたのはおぼえている

5分くらい待つとノックとともに
女の子が入ってくる。

やば、かわいいな、おい
田中美保似のニットセーターを着た女の子がそこにいた

一緒に服を脱ぎ脱ぎして
さっそく一緒にシャワーへ

洗体してもらっているときにはすでにフル勃起状態に
にこにこしながら洗ってくれるミホちゃんにはマジ興奮した

この時すでにちんこに違和感があったのだが
すでに臨戦態勢にはいっていて、お酒も入っていたので

勢いでベットイン

おっぱいもみもみ
ちゅっちゅペロペロしてから

ミホちゃんの攻めに入っていく
なるほどこれがフェラか。。

まるでチンコがなくなったかのような感覚だ。
なのに責められている舌の感覚がはっきりわかる
なるほどこれが。。。

俺「いれていい?」

ミホ(仮)「ごめん、本番禁止なのー!」

↑お約束ですね。初めてだけど酔っぱらってればなんとやら。

ミホちゃんがてぃんこをぺろぺろしつつ
だんだん激しくしごきに入ってきた段階で

我慢はしていたんだけども
射精感よりも尿意のほうが先行してしまう。

実はね、
おしっこしたかったんだよね
お酒はいっててその辺の感覚が少しまひっていたんだよね

トイレに行きたいといえばよかったんだけど
このまま出したらおしっこどうなるんだろう
という好奇心からか
そうこう考えているうちに尿道が臨界店を突破してしまう、

「やばい、出る!」
そういってから彼女の口へ尿をぶちまける

「んー、え?え?」

精子でなく、尿が出てきたこと、そして止まらないおしっこに戸惑う彼女

「ごめん、ほんと、まじごめん」
とガチ謝りをする。

「そういうのやってないからww」
と笑顔で対応してくれた。

その後酔いも覚めてしまい、萎えてしまい
射精することなくシャワーを浴びて終了となった。

本日の教訓
お酒飲んでからの風俗には注意しよう

そしてしょんべんにはしっかりいこう

以上
童貞紳士の初めての風俗体験でした。

口内射精より先に口内放尿を経験した人は

俺以外にいるのだろうか。。(笑)

コメントを残す